• 歯科治療の成績を向上させるマイクロスコープ

    マイクロスコープは、脳神経外科や眼科などの手術では一般的に使用されていたのですが、最近になるまで歯科治療では使用されていませんでした。


    肉眼の約20倍もの倍率で患部を見ることのできるマイクロスコープは、歯科医師の治療の現場でおおいに手助けとなってくれます。

    ガジェット通信に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

    今までは医師の経験と勘を頼りに進めていた目に見えないほどの精密な治療を拡大してくれるので、治療成績を飛躍的に向上させることができます。



    歯の治療は肉眼では見えないほどの細かい作業を必要とするので、マイクロスコープを使うことで超精密に治療することができるのです。



    通常で使用している器具よりも削る作業が少なくてすむようになる、治療後の腫れや痛みが少なくなる、などの患者にとってさまざまなメリットがあります。現在では、マイクロスコープの歯科医院での普及率はまだまだ低いのですが、今後導入していく歯科医院も増えてくるのではないかと予想されます。
    ただデメリットとしては、マイクロスコープを扱うのは特別に研修をおこなう必要があり、治療時間も長くなりがちになるので、自費診療でおこなわれることが多いという点です。自費治療なので保険が適用されず治療費が割高になる傾向があります。現在の時点ですべての人がうけられる治療とはいえないのですが、歯の寿命を延ばすことができる画期的な治療なので、将来にわたって歯を大事にしていきたいと思っている人は考えてみるといいでしょう。